( ˘ω˘ )スヤァ…

総合とかローテとかtansoman0

S8シングル メガへラクロス軸


今回はS8から使い始めたシングルのパーティーの紹介です。
最高レート2161、最終レート2111
f:id:tansoman:20150319192948j:plain
2200に乗っける自信はありましたがシーズン終盤、ダブルに追われ手が出せず間に合いませんでした(総合の闇)。しかし自身の最高レートは大幅に更新出来たので満足しています!
僕をここまで導いてくれた素晴らしいメンツはこちら
f:id:tansoman:20150319192636j:plain

ヘラクロス@メガストーン
【性格】意地っ張り
【実数値】
181-194-96-×-115-111(メガ前)
181-260-136-×-125-101(メガ後)
ミサイル針/タネマシンガン/ロックブラスト/インファイト

【性格】図太い
【実数値】(理想)
227-×-189-95-150-106
冷凍B/電磁波/月の光/三日月の舞

ヒードラン@風船
【性格】控えめ
【実数値】(理想)
183-×-126-187-127-125
火炎放射/原始の力/ラスターカノン/鬼火

ランドロス@スカーフ
【性格】意地っ張り
【実数値】(理想)
175-203-116-×-100-139
地震/岩雪崩/叩き落とす/蜻蛉返り

クレッフィ@食べ残し
【性格】穏やか
【実数値】161-79-118-×-143-101
イカサマ/威張る/電磁波/身代わり

・ゲンガー@メガストーン
【性格】臆病
【実数値】
159-×-81-159-96-178(メガ前)
159-×-101-199-116-200(メガ後)
祟り目/鬼火/ヘドロ爆弾/(気合玉)

基本選出はヘラクレセドラン、裏選出はクレフランドゲンガーですが、相手によって柔軟な選出をします。


以下、調整など個別解説
◾︎メガヘラクロス
f:id:tansoman:20150319192657j:plain
A  ぶっぱ
H-B  特化鉢巻カイリューの逆鱗確定耐え
H-D  臆病眼鏡サザンの流星ほぼ確定耐え(目安)
S  メガ前大体のミトム抜き、メガ後無振りバナ抜き

構築の原点。Aはマリルリやゲンガーへの乱数が変わるためぶっぱ安定だと思います。技構成にはインファイト/ミサイル針/タネマシンガン/ロックブラスト/地震から選択だと思いますがパーティーでのエースという役割を遂行するため最も広い範囲に負担をかけることと他のメンツがギルガルドに強いことを考え今回は地震を切りました。

メガヘラクロスの強さはなんと言ってもその火力です。ミサイル針の火力指数は49000程で陽気鉢巻ガブリアスの逆鱗、タネマシンガンなどの火力指数は32500程で陽気ガブリアスの逆鱗くらいの火力が出ます。かつ5発も打つので急所に当たる確率も高くガブリアス程度ならミサイル針を1発急所に当てると倒せるので3割くらいでガブリアスも突破出来ます。そして絶妙な耐久を持っていて多少の一致弱点なら耐えてくれます。物理方面は55000、特殊方面は51000程度の火力なら確定で耐えられると表現すればその硬さが伝わるでしょうか(詳しくは火力指数で検索)。
初手で投げて相手のサイクルを脳筋火力で崩して疲労したらクレセリアでぴょんぴょんして復活する簡単なお仕事。ゲンガーやマンダがやたら後出しされるのでロクブラを合わせて分からせてあげましょう。(H124振りまでのゲンガーなら確定、H252でも中乱数、威嚇込みでH4振りマンダ高乱数)。交代読みロクブラが外れた時の虚しさは台パンで誤魔化しましょう。


f:id:tansoman:20150319192717j:plain
HB  ぶっぱ
S  余り

ガルクレセの並びで有名な乱舞クレセリア。エースのヘラクロスが削れたらこいつを後投げして三日月の舞で復活させます。

技構成はガブリアスボーマンダが重いので冷B、ヘラクロスのSを補う電磁波、複数のサイクルを回すために月の光、役割遂行のため三日月の舞です。電磁波の枠はトリックルームの方がヘラクロスの抜き性能は上がりますが後述の祟り目ゲンガーとのシナジーも考えて電磁波にしました。

今シングルでクレセリアオワコンオワコンと言われています。その主な理由は203ガルーラ(※)なるものや意地鉢巻ガブリアスの増加によってクレセリア本来の役割である"物理受け"が遂行出来なくなったためです。(※グロP捨て身でクレセを倒せるガルーラ、今は209ガルーラというものも増えているので詳しくは検索)。という訳で僕もクレセリアを採用したくなかったのですが初手ヘラマンダ対面の引き先が欲しかったこととメガバシャーモが余りにも重かったため採用に至りました。ボーマンダは毒々羽休めの型も増えていますがこちらはドランが勝てるので問題ないです。メガバシャーモが構築単位で重いのでこいつが反動ダメや電磁波を入れて誤魔化しています。バトンバシャーモに悠長にクレセ後出しなんぞしたら負けるので選出段階でバトンバシャーモかどうかはしっかり見極めて下さい。先述した通りクレセリアが"物理受け"を遂行するのは難しい環境なので選出する時はヘラクロスを2体選出する感覚で出してました。


f:id:tansoman:20150319192729j:plain
眼鏡ドランの調整の名残り
C  貰い火発動時H振りガルドを放射で確定
S  最速バンギ抜き
B<Dにして残りH  ダウンロード意識

このレートまで来れた最大の理由と言えるポケモン。メガヘラクロスを軸にする以上ファイアローに対して安定した処理ルートが欲しかったのでその役割をほぼ確実に遂行してくれる原始の力を採用しました。アローに後出しして風船を見るとステロ読みで挑発を打ってくる人が多いのでそこで原始の力を当ててアドをとっていきます。基本警戒されないので相手に察知させずにアローを処理出来るのが本当に優秀。ウルガモスが重いのでその処理も任せてました。

残りの3つはフェアリーが重いのでラスカノ、ガルドへの打点で放射、起点回避の鬼火です。クチートに後出しして叩きをくらうと不意打ち圏内に入るため、不意打ちを誘って鬼火をします。これも警戒されないため面白い程決まりました。

ガモスに後出しして貰い火発動、原始の力で10%を引いて能力全上昇で最強のポケモンになったこともありました。


f:id:tansoman:20150319192759j:plain
H  16n+1
S  クレッフィのテンプレのS振り+2
D  余り
A  身代わりに対して不一致イカサマの確定数が最大に

裏の祟り目ゲンガーへのサポート、ヘラクロスのSサポートとフェアリー受けが主な役割。初手にゲンガーが来やすいパーティーなのでそこに合わせて初手に投げることが多かったです。無闇矢鱈に威張るのではなく身代わり、電磁波、威張るの最善手を選んで行くと本当に強いです。
ランドロスガブリアスと対面すると交代読みで叩き落とすやステルスロックが選ばれることがたまにあるので不利対面でも1回身代わりで様子を見て威張っていくこともありました。クレッフィミラーに絶対勝ちたかったのでSラインを引き上げAの個体値を低くしています。この調整で勝てた試合も多く初手クレッフィ対決を制してそのまま勝ちということもありました。

余談ですが相手のラス1がクレッフィの場合交代を繰り返してTODをすれば自傷せずに済むので大体勝てます。


f:id:tansoman:20150319192813j:plain
H  16n-1
C  火傷ダメ×2と威力130の祟り目で無振りガブ確定
S  余り

クレッフィが場を作った後高火力祟り目で相手を一掃していく裏のエース。最強ポケモンメガガルーラに後出しが効く数少ないポケモンなのでガルーラに後出しして展開していきます。

技構成はクレッフィとの相性から祟り目、フェアリーへの打点でヘドロ爆弾、ガルーラガブリアスへの遂行技として鬼火が確定で残り1枠は最後まで悩みました。無理矢理1-1交換をしたり2-1交換で有利を作れる道ずれ、補助技をスカせる身代わり、ガルーラヒードランに一貫する気合玉、ゲンガーミラーに強くなれるシャドーボールで悩んでいて未だ結論は出ていません。3つの技で役割が果たせているので最近流行りの素催眠を入れてもいいかも知れませんね。


f:id:tansoman:20150319192827j:plain
H-B  A↑珠キザンの不意打ち確定耐え(ダブルの流用)
S  スカーフで最速135族抜き抜き抜き
A  余り

最初はリザードンが重かったのでガブリアスをこの枠に入れてましたが地面の一貫が凄まじく相手のスカーフランドロスに3タテされてから地面の一貫を消せる地面タイプとしてランドロスが入ってきました。初手でクレッフィガブリアスが対面した時の引き先でもあります。初手でクレッフィサーナイトが対面した時も相手は身代わりか挑発から入ってくるので一回ランドロスに引いて蜻蛉返りでクレッフィに繋ぐという立ち回りも多かったです。


とまぁダラダラと書いて来ましたがシーズン8はレートが大幅にインフレしてたので2200に乗っけられなかったのは悔しく思っています。パーティー自体は2200に行けるポテンシャルがあると思うので暇な人は改良などして使って見て下さい。
それではここまで読んでくれてありがとうございました。質問などあればTwitter→tansoman5533の方にお願いします。

次あげるのは多分一番需要あるローテかな…?