( ˘ω˘ )スヤァ…

総合とかローテとかtansoman0

気合溜めサザンドラ(シングル、ローテ)

久しぶりに更新します
初めての単体考察です
f:id:tansoman:20150924233822j:image
単体考察って言っても思いついた型適当に載せるだけなんですが…とりあえず行ってみましょう!
シングルの型とローテの型の二つを今回は紹介したいと思います

(シングルの方)
持ち物:ピントレンズ
性格:おっとり
努力値振り:A4 C252 S252
技構成:
気合溜め 流星群 悪波 馬鹿力

第6世代(xy,oras)からは急所ランクというステータスが実装され、急所ランクが+3を超えると“確定で”急所に当たるようになりました。
ピントレンズで急所ランクが+1、気合溜めで急所ランクが+2なので気合溜めを積めば毎回確定急所に当たります!楽しい! ✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌
ということでこのサザンドラは気合溜めを積めば実質反動なししかも威力1.5倍で流星群と馬鹿力が連打できる様になります。
バンギグライラキムドーバなヤドランのようなよくある受けルをほぼ一人で見れる様になるので受けル対策として採用する価値があるかもしれません。ラッキーに電磁波とかで粘られること考えると悪波か流星の片方を身代わりにすれば完全に一人で受けルをいじめられるので身代わり採用も一考かも知れませんね。
努力値クソ適当なんでちゃんと調整先考えた方が強そうです。
………
正直あまり強そうじゃないですねはい。
vsスタンパでは積む機会もあまりないし積んでも上から殴られそうです。
足が遅い受けよりのパーティーには刺さりそうですが…
ということで次が本当に強いと思って紹介したいローテでの気合溜めサザンドラです!

(ローテの方)
持ち物:ピントレンズ
性格:控えめ
努力値:B4 C252 S252
技構成:
気合溜め 悪波 流星群 火炎放射

僕が紹介したかったのはこっちでした。ローテにおいて積み技が強いことはローテを経験した方ならお分かりのことと思います。
そこで“積み技を搭載したサザンドラ”と聞くともうそれだけで強さを分かってくれる人もいるのではないでしょうか?地面技をスカしたり半減技に当てたりしながら気合溜めを積むことはローテでのサザンドラなら容易なことです。また最初に流星群を撃って相手にもうサザンドラは置物と思わせてから積むことも可能なのでトリッキーな立ち回りも出来ます。
打ち分けできる点、相手の特殊方面の積み技を無視して殴れる点、拘りだと怖い呪われボディが怖くならない点などがこの型の強みですね。タラプの実を持ったブルンゲルにもとても強く出れます。
技構成は一致で最高打点の流星群、一貫性のある一致の悪波、クチートなどの鋼に刺す火炎放射、この型のキモである気合溜めです。
性格は気合溜め後の悪波でH振りのギルガルドが高乱数になり、火炎放射でH振りクチートが確定で持っていける様になるので控えめ1択です。努力値は前述の火力を出すためのC全振り、サザンドラミラーにも勝ちたいのでSも全振りでいいと思います。余りはBやDにテキトーに。


両方とも僕自身まだ考えただけで使ってないので使用感などは分かりません。ローテのこのサザンドラは本当に強いと思うので是非ギルガルド君などと一緒に使ってみてください!使ってみた方は是非使用感をTwitter(@tansoman5533)の方にリプなどで教えてくれると嬉しいです。

今回はこの辺でさようなら


ヌケニンinローテ

どうもおはようございます
今回はいつだか使ってたヌケニン入りのローテーションバトルのパーティーを公開
f:id:tansoman:20150721055332j:image
最高1710とかだった気がします
早速メンツと技構成をば

シャドクロ シザクロ 毒々 鬼火

剣舞 不意打ち じゃれつく 叩き

・サザン@珠
龍波 悪波 文字 大地  

マリルリ@オボン
アクジェ 太鼓 じゃれ 滅び

・サンダー@ゴーグル
10万 めざ氷 熱風 羽休め

・クレセ@ゴツメ
瞑想 冷B ショック 月光

以下、軽く解説
ヌケニンの不思議な守りはローテでこそ真価が発揮されるのでは!とか思って組み始めました。次にヌケニンと相性補完がよくヌケニンにとって邪魔なポケモンを処理してくれるサザンドラをいれました。様々なポケモンを見て欲しかったため拘らずに火力を出せる珠を持ち物とし、技範囲とみて欲しいポケモンを考え龍波/悪波/大地/文字という構成。拘らないサザンは今でも珍しいので読まれないことが多くパーティーのエースの役割も果たしてくれました、選出率もNo.1。後の4体は補完とか考えて適当に入れました。強いメガ枠としてメガクチート、自分が全幅の信頼を寄せているマリサンダークレセの4匹ですね。
ヌケニンの選出誘導力はそこそこで、ヌケニンの処理ルートが少ないパーティーはあえて裏にヌケニンを置き先発の3体でその処理ルートを潰してヌケニンで詰めるという試合もそこそこありました。メガ枠がクチートなのにトリルが入ってないのは普通に弱い気がするのでメガ枠を変えるかクレセの技構成を瞑想/月光/トリル/ムンフォとかにしたほうが強いと思います。ちなみにこのパーティーを使って一番得られたことは珠サザンの強さでした。
ヌケニン君は使ってて楽しいし実際そこそこ強かったので是非使ってみて下さい!
今回もまた雑な記事なのにここまで読んでくれた人はありがとうございます。何かありましたらtwitterへ、ではまた☆〜(ゝ。∂)

トリプル エルフテラキアロー

今回もざっくりした記事です
レートは1800ちょいくらい。

・エルフ@襷
アンコ 追い風 叩き トリル

・テラキ@広角レンズ
雪崩 地震 インファ 守る

・アロー@プレート
ブレバ 横取り 追い風 ファスガ

・ガル@石
猫騙し 噛み砕く 捨て身 けたぐり

・ニンフ@眼鏡
ハイボ ムンフォ めざ地 シャドボ

・キザン@珠
叩き 不意打ち アイへ 守る

▪️軽く解説
トリプルバトルにおける有名な組み合わせエルフテラキ+ガルニンフアローの組み合わせ。追い風+高火力広範囲技で攻めていく分かりやすい並びです。追い風の天敵であるトリックルームエルフーンのトリル返しとガルーラ猫騙し、キリキザンのトリル役への縛りでケアしています。
エルフテラキアローという並びは非常に多くの選択肢をとれ不利な相手にも択の勝負に出来ることから先発性能が高く多くの試合で先発に並べました。またエルフテラキは選出誘導力が高く、初手にランドロスなど威嚇持ちが投げられることが多かったので相手の先発が読める場合はこちら、先発をガルーラ+キリキザン+ファイアローと並べてキリキザンをエースに戦うこともしばしばありました。

初めてトリプルバトルでスタンよりのパーティーを使ったのでムーブ択など学べることが多かったです。
次に公開するのはローテ!

…かもしれないです

ダブル メガメタグロス(最終1906)


どーもお久しぶりです
なんだかんだつい最近までポケモン触ってたたんそマンです。
ようやく100%引退したので今まで使った色んなルールの色んな構築をここから数日てきとーに載せまくります。

まずはダブル
戦績は1900ちょいくらい。
メガグロス+ガッサを軸に組んだパーティーです。各個体調整載せるのがめんどかったので大雑把な調整を書きます。
・グロス@石
アムハン 冷P アイへ 思念
意地HA

・ガッサ@珠
マッP タネガン 胞子 守る
意地AS

・ボルト@オボン
電磁波 10万 威張る 守る
図太いHB

・ランド@チョッキ
大地 封じ めざ氷 蜻蛉
控えめHBD

・ヒトム@残飯
10万 オバヒ 鬼火 守る
図太いHS

・バシャ@石
馬鹿力 岩雪崩 フレドラ 守る
意地AS

◾️構築について少し解説
A特化メガグロスが
・冷凍Pでヤチェじゃないランド確1
・冷凍PでHDボルト高乱1
・アムハンで無振りガル高乱1
・アイへでその辺のニンフ確1
・思念でH-Bが221-115までのバレル確1
・アムハンでその辺のドラン確1
という火力を持ち(硬い爪込み)
物理耐久は火力指数72000(鉢巻バンギの抜群噛み砕くくらい)
特殊耐久は火力指数55000(臆病珠サザンの抜群悪の波動くらい)
というラインまで確定耐えする素晴らしい耐久を持つということからガルーラスタンへの強さを持っていることに気付きこいつを軸に構築をスタート。忘れがちですがメガ進化前の特性“クリアボディ”も威嚇無効というダブルにおいて優秀な特性です。

またグロスが苦手とするサザンドラキリキザンを縛れる珠ガッサを採用。珠マッPで相手の想定外のダメージを与えられて試合の流れを引き寄せることが多かった実はこのパーティーのエース。無振りテラキオンも珠マッPて高乱数なのでエルフテラキにも強く出れます。
後の4体は補完とか色々考えてこうなりました。ヒトムとバシャの枠は何度も変えてるので何が正解かイマイチ分かっていませんが1900まであっさり来れたからこれでいいのかな?(クソ適当)
vs雨パがかなりガバガバなのでその辺が改善点かなーと思います

本当にてきとーな記事ですいませんこれから数日投稿する記事もクオリティはこの程度のものだと思います
それではまた次の記事で(`・ω・´)ノシ

S8トリプル使用構築-ニャオニンフ-

てるるんさん主催のトリプルの団体戦、僕の引退試合であるBOQ(バトルオブクインテット)が終わったのでトリプルも公開。
戦績はてるさんの団体戦Aリーグ中堅で4勝2敗、BOQでは2勝0敗(準々決勝でチームが敗退したためここで終わり)と満足な結果を残せました。S8のトリプルレートでは序盤33勝5敗などそこそこの調子でこなせていたものの、パーティーの形に疑問を覚えてあれこれいじくってたら最終1782という不甲斐ない結果に() 最高レートは1850くらいでした(覚えていない)

持ち物や技構成など何度も変えていて何が最適解かまだわかっていませんがとりあえずてるさんの団体戦とBOQで使用した時点での状態で紹介したいと思います。


ギルガルド@食べ残し
【性格】冷静
【実数値】
167-×-171-112-170-58(シールドフォルム時)
167-×-71-222-70-58(ブレードフォルム時)
シャドーボール/ラスターカノン/キングシールド/ワイドカード(身代わり)


カポエラー@脱出ボタン
【性格】意地っ張り
【実数値】157-161-116-×-130-90
猫騙し/インファイト/ワイドカード/フェイント


ニャオニクス@カシブの実(メンタルハーブ)
【性格】穏やか
【実数値】177-×111-×-135-124
トリックルーム/ファストガード/神秘の守り/手助け


ニンフィア@拘り眼鏡
【性格】冷静
【実数値】191-×-97-177-151-58


・バグーダ@メガストーン
【性格】冷静
【実数値】
177-×-90-172-96-40(メガシンカ前)
177-×-120-216-126-22(メガシンカ後)
熱風/火炎放射/大地の力/守る

ファイアロー@命の珠
【性格】意地っ張り
【実数値】158-146-92-×-90-173
ブレイブバード/フレアドライブ/横取り/ファストガード

多分やりたいことを見れば分かると思うので調整だけ書きます。
f:id:tansoman:20150406012751j:plain
HCぶっぱ余りB
S個体を0にしてて最遅
トリル下で上を取りたいという意味での最遅です。

f:id:tansoman:20150406012806j:plain
HAぶっぱ余りB
ニンフィアの通りが悪いナットレイヒードランなどの鋼タイプにインファイトを入れるのも大きな仕事なのでAは振り切ってあります。トリル下で上を取りたいのでSは振ってません。

f:id:tansoman:20150406012823j:plain
H-D  C225ギルガルドのシャドボ確定耐え
B残り
最初はこの調整でメンタルハーブを持たせ使っていたものの、珠ギルガルドに崩されて負けることが多かったので急遽カシブの実に変更。挑発を持っているポケモンよりギルガルドの方が圧倒的に多くて脅威なのでギルガルドに対して安定感のあるカシブが今はいいのかなと思います。

f:id:tansoman:20150406012839j:plain
H  16n-1
C  ぶっぱ(めざ地なので248)
D なんとなく8
B  残り
トリル下で上を取りたいのでS個体値を0にして最遅です。

▪️バグーダ
f:id:tansoman:20150406012857j:plain
HCぶっぱ余りD
トリル下で上を取りたいのでS個体値を(ry

f:id:tansoman:20150406012910j:plain
A  ぶっぱ
S  105族抜き
H  残り
コジョンド猫騙しより早くファストガードをするために105族抜き。ファイアローはHPが1でも残っていれば仕事をするので少しでも耐久に振りたかったです。

技構成については見たとおりです。
立ち回りとしてはトリックルームを貼らないとほぼ勝てないパーティー、俗に言うガチトリパなのでニャオニクスカポエラーなどで守ってトリックルームを貼る→ニンフィア降臨でハイボで制圧というのが基本です。ニンフィアが1体も倒さずに倒されると相当厳しい試合になるのでニンフィアの攻撃が通るようにフェイントや横取りも絡めていきます。
苦手なパーティーはキリキザンサザンドラなどニャオニクスを縛れるポケモンがいる、トリックルーム持ちのクレセリアがいて相手が思うようにS操作出来る、ニンフィアのハイボが通らない、などですね。基本範囲技で攻めていくので守るによる縛りの逆転やムーブ択を気にするということがないので択によるプレイヤーへの負担が少なく回しやすい構築になってると思います。

このパーティーはXY時代から使っていて、XY時代はメガ枠を最遅カメックス(猫騙し潮吹き波動弾悪波)という構成で回してました。バグーダとカメックスではそれぞれ短所長所があり、
・バグーダの方がトリルを貼った時の制圧力が桁違いに高い
・バグーダの方がニンフィアとの攻めの補完がいい
カメックスにするとパーティーにある攻撃技が全て命中100%で運負けが減る(バグーダだと熱風の90%がある)
カメックスにするとぱっと見ファイアローの追い風展開にも見えるので相手に択を迫れる、トリックルームを貼りやすい
とこのように両者良いところも悪いところもありどっちの方が強いのかは正直分かっていません。今はバグーダにして回していますがカメックスの方が強いのかも…?

まだ答えの出てない構築なので回してみてこっちの方が強いよみたいな意見があったら是非ご一報下さい

ここまで読んでくれてありがとうございました。質問などはTwitter→@tansoman5533の方にお願いします。それではまた( ,,-` 。´-)ノシ

しんぐるばとる

復帰した時にこれ読んで考え方思い出せるように書いときます。まぁ用は自分のための記録ですね。

シングルバトルについて。前シーズン2100台で終わってる自分が言えたことではないですが、勝つためには何が必要かなぁと思ったことをグダグダ書きます。
シングルは4ルールの中で一番経験・知識が必要と言われていて、人口が1番多くシングルだけを専門に1シーズンやり抜いても上位に食い込むのが難しい(と言われている)ルールです。本当に上位に食い込むためには釣り出しなど諸々の技術が必要かも知れませんがある程度上位に入るのは決して難しくないと思っていて、それに必要なのが
▪️今の環境を把握する
▪️その環境で戦えるパーティーを作り、試合をこなす
ですかね。

環境を把握するというのはレートに多くいるパーティーや並び(例:ガルガブアロー、マリポリゲン)、ポケモンの型(例:素催眠ゲンガー()、意地鉢巻ガブリアス)を知っておくということです。
環境を知る術は、ひたすら対戦回数を重ねる、結果を残している人のパーティーが書かれたブログを見るなどがあると思います。そこで知識を得たら相手のパーティーを見て大体持ち物や型が予想して立ち回れるようになるということも増えていくはずです。聞いたことのないような型のポケモンに負けた時は次当たったら絶対勝とうと思いながらそれはおめ?(・_・)と言ってあげましょう。

その環境で戦えるパーティーを組むというのは当たり前な話でレートにいるパーティーやポケモンはその時その時の傾向があってその中では活躍しにくいパーティー、活躍しやすいパーティーというものが存在します。後者のパーティーを組めれば(まぁこれが難しいのですが)レートで最低限の勝率は確保出来ると思います。よくテンプレは使いたくない!と言って珍しいポケモンを使ってレートが伸び悩んでるなんて話を聞きますが珍しいポケモンを使うのは楽しいしいいことだと思いますが、今の環境でこんなパーティーにはこう勝てるなど環境にマッチするように組めばもっと勝てるようになるのかなと思います。そしてそのパーティーで一定の対戦をこなせば自分のパーティーに対する相手の選出パターンや立ち回りもわかるようになってより勝率が上がっていきます。例えば先日僕があげたヘラクレセドランのパーティーは初手にゲンガーやサーナイトが来やすいので(当たり前だが)そこに有利なポケモンをおいて試合を優位に展開するということが多々ありました。

とまぁこんな感じでグダグダ書いてきましたがやはり勝つための1番楽な方法はひたすら対戦して慣れることだと思うのでみなさん楽しんで対戦しましょう!

あと少ししたらトリプルあげます。

S8スペレ 最終18位プテラキザン

シーズン8のスペシャルバトル"木の実バトル"は不人気ゆえ人口が少なく、最もレートを上げにくいルールでした。そのため今後このレギュレーションによるインターネット対戦はないと思うので微塵も需要がありませんが一応記録として使用したパーティーを載せておきます。簡易紹介です。

f:id:tansoman:20150323223848j:plain

ということで、最高1762、最終1750の18位で終えた木の実バトルのパーティーはこちら。(1750で18位というあたり過疎を感じますね)身内のダブル勢のアクアさんと一緒に考察して作ったパーティーです。アクアさんもスペレで同じくらいの結果を残せたのでそこそこに強いパーティーだったかなとは思います。
プテラ@リリバ
岩雪崩/フリーフォール/追い風/守る
キリキザン@オッカ
アイアンヘッド/ダメ押し/不意打ち/守る
マリルリ@オボン
じゃれつく/アクアジェット/腹太鼓/守る
キュウコン@イトケ
熱風/大文字/ソーラービーム/守る
・サンダー@アッキ
10万ボルト/熱風/目覚めるパワー氷/羽休め
ゲッコウガ@ラム
岩雪崩/冷凍B/ダストシュート/けたぐり

個別で解説する必要もないと思ったので全体的に軽く解説します。
まず持ち物が木の実に限定されているので緊張感という特性が強いと思い、プテラを採用しました。そしてセジュンさんが使っていたことで有名なプテラキザンという並びを作り、後は補完で埋めて行った感じです。雨パが多い環境だったのでキュウコンが割と刺さっていて選出率が高めでした。詰ませ性能を重視したアッキサンダーも強かったです。
キリキザンに叩き落とすを採用していない点について疑問があがるかもしれませんが
・木の実という持ち物は基本そこまで発動しないので叩き落としても余りアドにならない
・そもそもプテラの緊張感のおかげで最初から相手の木の実は発動しない
・火力増強アイテムがない中で威力
120であり一貫する悪技のダメ押しが強い
という3点から叩き落とすではなくダメ押しを採用していました。他にも何種類か使った構築はありましたがどれも納得いかず1700に乗ってからはこのパーティーで走り抜けました。

シングル勢の方は身近じゃないかもしれませんがローテやスペシャルなどの過疎ルールはレートが一定のラインまで上がるとほとんどが200以上のレート差があるマッチングだったり1時間に1戦しかマッチングしないなどでレートを上げるのがとても辛かったりします。S8のスペレも1750から一回1650に闇堕ちした時はもう上がらないんじゃないかと思いましたがCAS中にアドバイスをくれた人やポケモン達の自覚でなんとか戻ってくることが出来ました、ありがとうございます。何が言いたかったかというと総合やる人はスペレ頑張ってくださいってことです()

ここまで読んでいただきありがとうございました。調整など質問があればTwitter→tansoman5533の方にお願いします。次はダブルかトリプル上げるかな〜